読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

む だ い

おたくの人の雑談 テニミュとか、ひでやくんとか、嵐とか

わたし的櫻井翔ラップ大賞ノミネート作品

最高に素敵な記事を見つけました。

s-shiopon.hatenablog.com

今は少し嵐から離れているものの、櫻井翔くんは私の精神の支柱であり目標であり道標なのです。

書かないわけには、いかない!!!

よし!と筆を取りにかかったものの、あまりに好きなものが多すぎる、そしてラップ曲以外にも好きな曲が多すぎる、などと信じられないほどの時間がかかり、なおかつランキングにすることができないという結果に陥ったわけなので、今回は「ノミネート」という形で進めさせていただきます。いつか大賞をきめるかも、きめないかも、もしかしたらノミネート作品が増えるかも。

というわけでこの素敵エントリーから少し日は経ってしまっていますが、通りすがりの嵐オタさんは暇つぶしがてら読んでいただければ嬉しいです。語彙力も知識もないおたくなので、感覚で書いています。「最高」などと連呼すると思いますが、ご了承くださいませ。

------------------------------------------

櫻井翔ラップ大賞2017

【名前】あみ

 【担当】櫻井翔くん…2010年くらいから好きになった新規です。でも5年くらいはどこまでもどこまでも追いかけていました。今でも当たり前に大好き。もはや当たり前すぎて好きとかいうのこっぱずかしいです。

 【好きなラップ】

今回はノミネート作品4つ、特別賞2つを選びました。まずはノミネート作品から。

☆ノミネート作品

Asterisk

…まず、デジタリアンOPのあの高揚感が忘れられない、好きだ、という気持ちです。どの部分もめちゃめちゃ好きなリリックなんですけど、特に大サビ前のテンポのよさが最高。

身体を抜ける光のシャワー 駆け抜けてゆくトンネルの中

“gather” 触れるこの肌

呼びかけ続けてる星空か

身体を抜ける光のシャワー 駆け抜けてゆくトンネルの中

“gather” 触れるこの肌

見てる星空が

最高じゃないですか?特に「身体を抜ける光のシャワー」が最高です。観客に畳み掛けるような櫻井翔くんのインテリジェンス!!!また会場で聞きたい。

 

Summer Splash!

…ド鉄板。ですよね。ほぼ全編がラップですが、特に好きなのは冒頭のこの部分。

派手に微笑み出す太陽が 伝える季節の開放感

shy boyたちが今舞いそうさ oh 今年もやっぱり最高じゃん!

夏!!!!! THE夏!!!!!キラキラしたイントロからこのラップにかけて、もくもくの入道雲とさんさんと降り注ぐ太陽と抜けた青空が脳裏に思い浮かびます。この透明感、素敵すぎ。最高じゃん!

 

パレット

…もともと、この曲が大好きです。アラフェスのときも真っ先に投票しました。前を向いているようで、後悔していて、若くて、儚くて、切なくて、でもすごく綺麗。若かりし5人がコンサートの最後にしっとりと歌い上げる情景も、あゝ最高。

頬を伝う雫の中に

仕舞いきれない想いの残骸

月の光が唯一の明かり

無理だったね笑顔でバイバイ

「想いの残骸」という言葉はThe Bubbleにも出てきますが、大好きな言葉です。やりきれない気持ちとか、突っ走る青さとか、後悔とか、いろんなものが詰まっている気がします。今の翔くんにも歌ってほしいです、切実に。

 

Move your body

…あ〜〜〜〜〜〜〜〜!かっこいい!!!!!思い出しかっこいい!!!!!少クラ?だったと思いますが、これを歌ってるところ最高です。ほんとに。好きフレーズはこれ。

陽が昇り出し街立ち上がるまでは Move your body

これもリズム感、テンポでの選出です。きつきつのところに、なんだかセクシーな歌詞。真骨頂。好きです。

 

ここまでがノミネート作品です。語彙力がなさすぎてしんどくなってきました…。他のみなさまのブログはめちゃめちゃいいこと書いてるのに…本当にアホなおたくなのがばれる…

ここからは特別賞。みなさまおなじみあの2曲です。

 

☆特別賞

発表です!!デデドン!!!!

Hip pop boogie

そして

COOL&SOUL

です!!!!!

 

もう、いうまでもないですよね。これだけ言います。大好きです。翔くんがファンの私たちだけに見せる、攻め攻めでかっこよくて強気な部分。好きなリリックがありすぎて、どこかだけ抽出することができません。イントロでブチ上がる。ありがとう。ファンになってよかったです。

 

 

というわけで、わたし的櫻井翔ラップ大賞ノミネート作品&特別賞でした。たどたどしい日本語で申し訳ない限りです。

またいつか、続きがありましたらそのときに…。